麻生グループ紹介

飯塚病院

飯塚病院

代表:院長 増本陽秀
設立:1918年8月
所在地
〒820-8505
福岡県飯塚市芳雄町3番83号
TEL:0948-22-3800
FAX:0948-29-5744



WE DELIVER THE BEST
-まごころ医療 まごころサービス それが私達の目標です-

飯塚病院は『地域医療支援病院』です。飯塚市は福岡県の中央部に位置し、悠久の流れ豊かな遠賀川に育まれた人情味溢れた地域です。 当院は大正7年以来、開設者麻生太吉翁の「郡民のために良医を招き、治療投薬の万全を図らんとする」開設の精神を受け継ぎ、―まごころ医療、まごころサービス― をモットーに地域のメディカルセンターとして診療活動を行っています。
地域医療支援病院、日本医療機能評価機構 認定病院、厚生労働省 臨床研修指定病院、地域がん診療連携拠点病院、救命救急センター、災害拠点病院(地域災害医療センター)、福岡県エイズ拠点病院、福岡県神経難病医療基幹協力病院、福岡県地域周産期母子医療センター、DPC病院に認定されています。


●卒後臨床研修教育に取り組んでいます。
平成元年に「臨床研修指定病院」として厚生労働省の指定を受けています。毎年全国から研修医を受け入れています。初期研修修了後はジェネラルな研修の継続を志向する医師、より早く専門医になることを志向する医師向けに後期研修(専修医)のコースを設けており院外からの後期研修医も受入れています。また、海外留学研修制度や米国ピッツバーグより、医師を招き、初期研修医や後期研修医へのレクチャーを行なっています。

●専門看護教育プログラムを開講しています。
基礎的な看護教育として新規採用者・2年目看護師・3年目看護師、それぞれを対象としたプログラム、さらに専門看護教育として救急看護コース・ETナースコース・臨床指導者コース・看護研究コースなど、豊富なプログラムを有しており、毎年多くの院内看護師が受講しています。院内看護師を対象として開催してきた専門看護教育プログラムの受講資格を院外看護師にも拡大しています。当院での教育プログラムは、救命救急センターを有し、高度・急性期医療を提供する医療現場ならではとも言える実践的な内容です。一人でも多くの方に受講していただき、尚且つ受講された方がそれぞれの職場でご活躍いただくことにより、わが国の看護の質、そして医療の質の向上につながっていくものと考えております。

●働き易い職場環境の充実に取り組んでいます。
育児をしながら働く女性看護師や女性医師が安心して働ける様に、病院敷地内の託児所で0歳から未就学児を対象に「24時間保育制」を開始しました。「24時間・365日開園」で積極的に支援する体制を整えました。

●医療の質の向上と安全管理システムの構築を目指し、ISO9001認証取得に取り組んでいます。

●地域医療支援病院に認定されています。
開かれた病院を目指して積極的に地域・啓蒙活動を行なっています。飯塚病院が地域および地域住民の健康・医療・福祉の要請に応え、地域の基幹病院としての役割を果すため、地域の方々と共に病院の提供するサービス、また役割について意見の交換を行なうことを目的に当院と地域の代表者で構成され「飯塚病院医療協議会」を開催しています。

●人間ドック、ラボドック、検診宅配便など健診事業に取り組んでいます。