麻生泰のメッセージ

与えられた一度の人生 グローバルシティズンづくり 
  • 著作紹介
  • バックナンバー
  • PDFファイル
 前回書いた学校のケースと同様に、グローバル対応が出来ていない企業は大変なことになるでしょう。
 煮詰まる日本市場のみで勝負を続け、「お客さんが減った。不景気だ」という気持ちで運営している経営者のもとでは、その会社の先行きは厳しいものがあります。
 日本が、少子高齢社会であるという事は誰でも知っていることです。私たちの時代では一年間に250万人くらいの仲間がいたのですが、今の大学生の数は117万人くらい。今年生まれる子どもは約100万人です。

 日本の市場は縮小していきますが、運の良い事に伸び行くアジアが近く、しかもアジアの経済は成長を持続していくでしょう。企業にとっては社内での売り上げ増、利益の増加が図れなければ縮小均衡で常にコストダウンの動き、資金削減の動きをし続けることになります。
 リーダーは近隣諸国の市場をよく勉強することで社内の若手の為にも売り上げ増加の材料を探していく必要があります。日本の企業にとって良いニュースとしては、これまた幸いにして、近隣アジア諸国は日本に好意を持ち、感謝している国々が多く存在しています。日本との交流を期待しているケースもまだ多いと思います。

 社内で国際交流に対するアレルギーを取り除くことも大事なことです。リーダーシップの見せ所です。アジア諸国は、日本が送った昭和30年代後半のような勢いをつけて速いペースで経済成長しています。これらの購買力や投資プロジェクト、そして教育や医療にかけてくる投資を取り組む体制をいかに作るのか。外国人や外国企業とのコミュニケーションに不慣れな組織文化の変革が大事です。

 いずれにせよ、企業はグローバルな時代への対応力を身に付けていく必要があります。 外国人を採用することは社員教育でも役立つでしょうし、その外国人社員を教育すればその国に進出する際に大いに役立ってもらえます。
 「飲みニケーション」をすることでも、会話に自信がつくようになり、仕事のなかでも話せるようになっていきます。上司の方も、英語を身に付けることで、海外出張の機会が開け、そこで新しい巡り合いが生まれることは、一度の人生のなかでの大きなプレゼントであると前向きに受け止めてください。 
 そして、部下のヤル気の刺激となれるよう先頭切って学習していって貰えると嬉しいです。

 大変な時代の巡り合わせに現役のビジネスマンとして遭遇していることを認識し、それを前向きにチャンスと捉え頑張ってください。父親たちが楽しめなかった体験や経験をこれからすることが出来ます。その姿を社内はもちろん、子どもたちや家族みんなにもグローバル化への対応の一つの生き様として示していきましょう。

 日本のようにこんな良い国はないのです。ただ、島国であるために国際交流の機会が少ないまま、戦後の復興や平和に時間を使っている間に周りは発展しました。私たちも少々平和に過ごしすぎていたと受け止めてこれから大いに頑張っていきましょう。
 私も70歳を目の前に大いに学習して役立つ機会に備え学び続けたいと思います。

 良いお正月休みをお迎え下さい。

2014.12.24

麻生 泰