麻生泰のメッセージ

健康管理のおもしろさ
  • 著作紹介
  • バックナンバー
  • PDFファイル
 人間の身体はよく出来ている。若い頃から体力作りに力を入れ、体育会バリバリの友人達も、卒業後35年たつとその間のストレスやら不節制等で病気になる仲間も出てきている。
 私は親に感謝しています。心身伴に健全なものを与えられ、運動量も学生時代にはかなりこなしました。社会人となった現在は、多くの方々のバックアップであまり大きなストレスもなく今日までは健康に過ごしています。 
 これからの人生は全て私自身の責任であります。
 自己の健康管理の基本は、感謝と責任そして夢、ロマンの存在だと思います。
 メンタルなアップダウンはビジネスマンですからあります。落ち込むことなく、常に前向きに問題に取り組む気持ち、そして現役としてそういうテーマに挑戦出来る機会に感謝する気持ちが大切です。こうしたストレスや挑戦の機会はこれからは多くはないので、しっかり取り組まねばなりません。
 成人病、慢性病につかまらない為には、この一度の与えて貰った人生を如何に大きな役割り、貢献を社会にそして家族の皆にするかという気構え、責任感を持つ事が大切です。
 そして永く健康で生きる事が目的ではありません。一生かかってこの仕事を、こうした芽を地域に育てたいというテーマをそして、夢やロマンを持つ事が大切で、そうした夢を達成する為に時間が必要だという論法だと思います。
 最近やたらと健康管理の話題を私は書きますが、はたして、もう30年間、10,000日を健康に過ごせるかどうかは全く分かりませんね。読者の内、誰がそれを確認して下さるのかも皆さまのこれからの自己管理次第なのですぞ。

2005.08.01

麻生 泰